03.06
Fri
みなさま、こんにちは。


先日、動物の心臓病専門の 関西動物ハートセンターへ行ってきました。



ルイズママです。



我が家には心臓病持ちがふたり。

心房中隔欠損症のムスメと
僧帽弁閉鎖不全症のへっぽこ、ジル。

それぞれ専門医に定期的に見てもらっています。


ムスメの心房中隔欠損症というのは
右心房と左心房の間の壁に
穴が開いている先天性の病気で。

穴が小さく、幼ければ
自然にふさがることもありますが
ムスメの場合、穴というより、ほぼ壁がない状態に近く
それほど遠くない将来、たぶん開胸手術になります。

3か月に一度、心電図やエコー検査をしています。



そして、ジル。

僧帽弁、右心房と左心房の間の血の逆流を防ぐ弁が
上手く閉じなくなる病気です。

約7年前に一番軽度な段階で
主治医が心臓の雑音に気付いてくれました。

それから、ずっとファルプリルを一日一錠飲み続けています。

毎月、薬をもらうため心音を確認し
雑音はこの7年で6段階のレベル1から3になりました。



さらに ジルの胸にできた脂肪腫。
どんどん大きくなっていて。
毎月の検診ごとに1cmが2cm、そして4cm。

見つかった際にした検査は注射器で細胞を取るというもの。
無麻酔でできました。
結果は、脂肪腫でしょうとのこと。

しかし、この検査、精度は約7割。


あまりに速いスピードで大きくなる脂肪腫に不安を感じ
主治医に相談しに行きました。

次にできる検査はパンチング程度の穴を開け
細胞を取る検査。
部分麻酔が必要で
精度は約7割から9割。


もしくは全身麻酔で脂肪腫を取ってしまうか。


11歳、心臓病持ち。
麻酔は大丈夫か
もし、血が止まらなくなったら。

悩んで迷って。

定期検診を兼ね
心臓専門医にも相談することに。



いつも予約していきます。



ジルといーたんの視線の先は
時間のかかる診察用に個室の待合室。

一番最初 個室だったかな。



今回は普通の待合で。



そして、診察室へ。

心臓や脂肪腫について少しお話して
まずは心臓の検査。

ジルだけ連れて行かれます。

心臓は やはり6段階中レベル3。
しかし、心臓の大きさは前回と変わらず
薬がきちんと効いて、良い状態を保っているとのこと。


脂肪腫に関しては
きちんと不測の事態に備えて準備しておけば
麻酔も問題ないと仰り
取ってしまうことを勧められました。

もし、主治医が心臓病の件で
手術したくないようであれば
こちらの病院で手術してくださるそうです。

手術自体は20分程度。
一晩入院。


今週末、主治医ともう一度相談する予定です。




こういう時、いつも自分が医者だったらと思う・・。
ただ、選択することしかしてあげられない。
しかも、選択することすら 難しい。



では、また


↓押すと このへっぽこブログにランキングポイントがはいります↓

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

押してみた? ありがと~( *´艸`)







comment 15 trackback 0
トラックバックURL
http://jilleve.blog.fc2.com/tb.php/145-5627b85a
トラックバック

COMMENT

おはようございます。

ジルちゃんの事悩みますよね。
11歳という年齢・・・うちも同じなんですが・・・
やっぱり脂肪腫がどんどん大きくなってくるのなら取った方がいいと思うけど麻酔が怖いですよね。
元気な状態の11歳と心臓に病気がある11歳では心配度が違いますよね。。。
うちもレオはもう麻酔すると目を覚まさない可能性があるため
麻酔が必要な検査は一切することはできません。

病院の先生が麻酔は大丈夫と言って下さったのは信用できるかも!
今までに同じような子の例があるのかもしれないですね。
心臓専門の病院があると走りませんでした。

娘ちゃんもこれから大変な時が来るかもしれないけど
ルイズママさん頑張ってください。
子供の事、わんこの事心配する気持ち・・・同じですよね。
これを乗り越えるまでが大変だけど
頑張った分、乗り越え多分、幸せが待っている気がします!

| シフォン&クッキー | 2015/03/06 08:07 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/03/06 14:21 | |

リンクありがとうございます~!
私の方でもリンクさせていただきますね(*'ω'*)

ジルちゃんは脂肪腫があるのですね。
ビビさんもお腹(エプロン辺り)に脂肪腫があります。
注射器で細胞を取ってもらい悪性ではないと診断していただきました!
ジルちゃんもシニア世代ですし麻酔や手術は心配になりますよね。

少し異なるかもしれませんが
ビビさんが10歳の時に子宮蓄膿症になり緊急手術をしてもらいました。
獣医さんからは麻酔も手術がまだできる年齢とおっしゃっていて手術に踏み切りました!
ジルちゃんの腫瘍と心臓が良くなりますように。

| すもも | 2015/03/06 20:02 | URL |

こんばんは

手術するかしないかの選択・・
ほんと難しいですよね。。
歳を取った今だと普通でも気を使うし
ジルちゃんは心臓病まで抱えてるんですもんね・・
でも先生と相談した上でルイズさんが選んだ事が
きっと一番いい事だと思います。
って平凡な事しか言えなくてすみません。。

| Laniママ | 2015/03/06 20:02 | URL |

こんばんは

家族を愛せば愛すほど大きくなる悩みですね。
メルは13歳で足の付け根にできやっぱり急激に大きくなりました。ここから先は大学病院で と言われ 結局 自分ならどうしたいかで判断するしかなく 高齢でもあり手術はしませんでした。それで良かったかどうかは 今もわかりません。
ムスメちゃんも ジルちゃんも 病気なんてアンパンチでやっつけちゃえー‼️
おばちゃんも祈ってるよー^o^

| メルのママ | 2015/03/06 21:22 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/03/07 09:17 | |

こんにちは

ジルちゃん心配ですね
年齢で色々考えなければならない事が増えますよね
飼い主の判断で、というのがまたプレッシャーでもあり…
ても心臓の方の先生が大丈夫とおっしゃるのならそれを信じて頑張ってもらうしかないですね

何もできないけど祈ってますね


| しず姉 | 2015/03/07 16:39 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/03/07 17:27 | |

Re: シフォン&クッキーさん

こんばんは^ ^
シフォン&クッキーさんのおうちの子達もへっぽこと同い年。
また、年を重ねるごとに色々とあるだろうとは思いつつも
やっぱり万が一の事を思うと悩んでしまいます。
レオ君、麻酔ができないんですね…。皆、色々抱えながら頑張っているんだな…。
いつも楽しい事ばかりじゃないけれど(>_<)それでも日々楽しみ
一つ一つ山を乗り越えていけたらいいですよね^ ^!









| ルイズ | 2015/03/07 21:15 | URL |

Re: すももさん

こんばんは^ ^
こちらこそ、よろしくお願いします^ ^
若々しくっていつも元気なビビさんだけど…
そっか、子宮蓄膿症、脂肪腫。
やっぱり、色々と出てくるんですね。
そういえば、うちのルイたんも10歳の頃に子宮蓄膿症で緊急手術したんです。
あの時は本当に緊急で、迷ってる暇すらなかった事を思い出しました。
そうだった…。うん、明日獣医さんともう一度 相談して決めようと思います。
ありがとう^ ^!


| ルイズ | 2015/03/07 21:26 | URL |

Re: Laniママさん

こんばんは^ ^
ジルにあんたどうしたい?って聞けたらいいんですが、そうもいかないし。
聞けても手術なんかイヤですよ!って言うと思うけど…。
結局、決断しなくてはいけないのに、こうやってグダグダと(>_<)
いやいや、悩むよねって言ってもらえるだけで、なんだろう
楽になる気がします。ありがとう^ ^
先生と、パパと相談して決めようと思います^ ^

| ルイズ | 2015/03/07 21:44 | URL |

Re: メルのママさん

こんばんは^ ^
メルたんも脂肪腫が大きくなったんですね。
ルイたんも胸に出来ていたんですが、結局それほど大きさも変わらずだったので
たまに細胞の検査をするくらいでした。
でも、悩ましいけれど、決断しなきゃいけないな…と思えてきました。
アンパーンチならぬへっぽこパンチで頑張りマス^ ^
その後、ママさんの方はどうですか〜?

| ルイズ | 2015/03/07 21:52 | URL |

Re: しず姉さん

こんばんは^ ^

そうなんです。私の判断でこの子のこの先が決まってしまうと思うのは
やっぱりちょっとプレッシャーで。
でも、結局、決断しなくては!という気持ちになってきました^ ^
ルイたんの時もそうだった事を思い出してきて。
いつも色々とありがとう。とってもパワーもらっています^ ^

| ルイズ | 2015/03/07 22:04 | URL |

はじめまして。

「心臓病」の検索をしていて訪問させていただきました。
我が家にも もうすぐ11歳になるダックス♀がいます。
そのコが1月末に失神してしまい、
その後 病院通いをしています。
今までは サプリメントで様子を見ていたのですが、
今日の心電図の検査で「不整脈の疑い」と診断され、
ファルプリルを1日1錠飲むことになりました。
ジルちゃんも同じ薬を飲んでるようなので、
服用後の様子や副作用などをお聞きしたいと思い、
コメントさせていただきました。

失神してから、いろいろと調べたりはしていますが、
調べれば調べるほど心臓病の怖さが増えるばかりで…。
普段の生活や食事で気をつけていることなど
アドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

| ゆーこ | 2015/03/08 00:12 | URL |

Re: ゆーこさん

はじめまして^ ^
ブログ拝見させていただきました。ちょこ君、心配ですね…。
私もジルが心臓病だと聞いた日は、どうしたらいいんだろうと抱きしめて泣くことしかできなくて…。
でも、それから7年、ジルは元気に過ごせています。
不安な事は、どんどん主治医の先生に相談したほうが良いと思いますが、我が家のジルの様子でよければ…^ - ^
ジルに関して言えば、ファルプリルに関しては、最初から副作用と感じるような事はなかったです。
服用後も特に様子に変化はありませんでした。
でも、一度飲ませはじめたら一生飲まねばならないと主治医から説明されていましたので
初めて飲ませるときは不安で仕方ありませんでした。
ちょこ君は不整脈の原因はなんだったんでしょうか?
ジルの場合、非常に初期の段階で いつもの病院で心音の異常を見つけていただき、エコーなどもしましたが…
僧帽弁閉鎖不全と確定診断してもらったのは心臓の専門医の関西ハートセンターでした。
動物病院の先生も得意分野や専門分野が色々あると思います。
もし、可能であればお近くに心臓病に詳しい先生がいらっしゃるかどうか調べてみて
セカンドオピニオンを聞いてみるのもいいのかもしれません。
うちがとにかく毎月の健康診断で聞かれるのは、咳が出てないか、増えていないかということです。
あとは、食べているのに痩せるとか…。
そして、太っているとやはり心臓に負担がかかるので体重管理は言われているので
ジルの食事はシニア用のダイエットフードにしています。
運動は、うちはダメだとは言われていませんが、やはりちょこ君の状態によると思うので
先生に相談してみるのが良いと思います。
我が家もムスメもワンズも沢山病院めぐりをして、原因がわかったものも分からないものもあります。
でも、やっぱり原因がわかった方が対処法も考えられるので少しだけ安心なのではないかな…
あとは、深夜に何かあったときに診てもらえる救急病院、ありそうですか?
心臓病ではありませんが、我が家のワンズ達結構お世話になっているので(>_<)
あまり参考にならない内容でゴメンなさい…。
ちょこ君、ななちゃん、ふたりとも元気になりますように。



| ルイズ | 2015/03/08 04:07 | URL |















非公開コメント

back-to-top