スポンサーリンク



宝箱

時の流れは大切なものを失った心を癒してくれると過去の経験から分かっているつもりです。毎日、本当に少しずつ。 大切なものとの日々を集めた、宝箱の蓋。その蓋は、一日に紙一枚分だけでも必ず、厚くなって。最初は冷蔵庫の食べ残し。着ていた服。掃除機の中の毛。些細なきっかけで簡単にペラペラな蓋はめくれてしまう。意図せず開いた箱の中の一番上の辛かった日々。食べられず痩せたからだ。痛々しい点滴。それでも一途な...

いーたんの思い

ルイたんを失ったときのジルの嘆き様はそれは悲痛で。クンクン泣きながら家中探し疲れると部屋の隅で丸くなり。ご飯もおやつも拒否。動かないけれど姿のあるルイたんを最後に乗せた車。帰りはいなくなったことを覚えていて。しばらく、車に乗るたびにおびえていました。勘のいいジルはルイたんの永久的な不在、死というものを本能的に感じ、恐れていた気がします。それに比べるといーたんはジルがいなくなったことを多少、不思議に...

49日

ご飯とおやつ置いておいたから。ルイたんの分も持っていってね。ムスメがね、自分のお年玉で買うって言い張って沢山買ったんだよ。一気に食べないように。飲み込むのもダメ。ちゃんと噛みなさいよ。今日は寒いから、何か着て行かないと。ぶるぶる震えちゃうね。着てるもの脱皮しないように。そうそう、逃げ回ってないで少しはおともだち作りなさいねでも、しつこくしすぎたり、おもちゃとったりしたらダメだよ。 砂堀りはほど...

ずっと家族

すっかりご無沙汰してしまいました。コメントのお返事もできていなくて、本当にすみません。記事を書いて消し、また書いて消し。ルイの時もそうだったとまるでなぞるようにジルロスは進んでいます。ジルに似た子が、というか、もしかしたら、ジルがどこかにいるのではないかと。そんなことを考えてはミニチュアダックスやジルと検索してみたり。年末にジルの夢をみました。もう、いたくないよくるしくないよでも、おなかすいたよー...