スポンサーリンク



きっと

ジーンたちのことをご心配頂いていて。ジーンは、いーたんが入院して以来お水を飲む回数が減り、食欲も無くなって。独りになるのを怖がって少し分離不安気味です。この子はいつもいーたんを見て。後をくっついて歩き。優しいいーたんが大好きだったから。訳も分からず急にいーたんがいなくなって。玄関を見つめるジーンはとても切なくて。ムスメは相変わらずいーたんの場所を空けて寝ています。でも。昨日ポツリとママ、いつ、いー...

いーたんのトマト

毎日、温かいメッセージを。ツイッターやインスタグラムでもありがとうございます。お返事できず、ごめんなさい。どのメッセージもとっても優しくて。一緒に泣いてくれてありがとう。いーたんを想ってくれてありがとう。心配してくれてありがとう。感謝しかありません。たぶん私の心は、ルイとジルとの別れから悲しみをやり過ごす方法を自然と学んで。いーたんがいないままに進んでいく日常の中で。仕事や、家事や、日々の諸々をこ...

いーたんの足音

たぶん、私はこのブログを書いている間だけいーたんの死と向き合っていて。あとの時間はいーたんはいつも通りお気に入りの玄関かムスメの部屋で寝ているのだと。いーたんと呼べばなんなの?おやつ?と期待を込めた眼差しですぐにやってくるのだとそう思おうとしています。なのに、パソコンに向かって仕事をしていると突然涙がぼたぼたと落ちてきて。なんで、という言葉を口にしたら。やり場のない恨みつらみ怒りがあふれてしまうそ...

いーたんの雨

やっぱり雨が降りました。いつもそう。ルイの時もジルの時も。朝は抜けるような青い空なのに。火葬場の火がつくと必ず、雨が降ります。ルイの時はしとしと。ジルの時は降っては止み、降っては止み。昨日は思い切り激しく。今まで、空が泣いてくれているのだと思っていました。でもきっと、これはいーたんの涙なんだと。まだ、まだ生きたかったはずなのに。なのに、助けてあげられなかった。家を出る前にムスメが横たわるイヴに向か...

いーたんの最後の奇跡

昨日の朝はイヴの数値は血小板を除き改善していて。私が会いに行くとスクっと立ち上がり酸素室のドアをガリガリして。私の手から、ご飯も完食してくれました。血便でないうんちも出て。いつものイヴに戻っていました。まだ、呼吸が少し荒いのは点滴を外してみて様子を見ましょうと。点滴をはずせるということはお家に帰れるということで。イヴの酸素ボックスを借りました。夕方の面会は。イヴが帰ってくるかもと、ウキウキしてムス...

いーたんは頑張ったんだよ、でも、さよならなんだよ。

先ほど、イヴが息をひきとりました。いーたんの心臓は止まってから15分もたっていたのにムスメとママの声で再び動いてくれました。それからパパが来てからも4時間以上も頑張ってくれました。優しくて、誰からも愛される本当に自慢の子でした。たくさんの応援を本当に、本当にありがとうございました。...