スポンサーリンク



ルイズ

ルイズ

みなさま、こんにちは。

突然ですが、イヌの生まれかわりってあると思いますか?
なんかの勧誘みたいだけど・・・・。

ルイズママです。

愛犬を失った人は一度は願うんじゃないだろうか。
また、私のところに戻ってきてって。
私はルイを失った時にそう思いました。

今回は、ちょっと あほか!と思われるかもしれないけど
我が家にいーたんを迎えたきっかけを書いておきます。

20140910160543ed5.jpg 

ルイが亡くなって数ヵ月後 何とはなしに、あるブリーダーさんが気になりました。
子犬情報もないけど、数日迷って連絡をしました。
すると、サイトに載せていない生まれたばかりの子がいて。
生まれた日は ルイの月命日の17日。
しかも、一匹のブルーの子の模様が、 「ルイ」って見えました。
それでも、私はルイの黒い瞳がとても好きだったから
目が開いてから決めてもいいですか?と伝えました。

そして、目が開いて。
目は黒っぽいけど、もしかしたら濃いブルーかも  と言われましたが
もう私の中では決まっていました。
いーたんの目が開いた日は ルイちゃんの誕生日だったから。


20140910160930eb7.jpg 

ルイのお気に入りだった場所で寝て。

伏せるときに右手をしまう癖。

私にぴったりおしりをくっつけて座る姿。

お鼻はルイたんが年をとって色が抜けてきたのと同じ様に

ピンクが残ってる。


2014091016150467b.jpg 

でも・・・、やっぱり違うところのほうが多い。

お顔も違う。足も長いし、スラッとしてる。

瞳も室内では黒く見えるけど、ブルーだし。

何より、その瞳はまだ無垢だ。


・・・・・・当たり前か。



20140910161828d7c.jpg 

そっか、そうなんだ。
私の大好きだったあの 「私あんたのこと何でも知ってるっ」 ていう
ルイの眼差しは 共に過ごした16年間がつくったものなんだもんね。

たとえ、イヴが 本当にルイのうまれかわりだとしても、そうじゃなくても
今度は私だけじゃなく パパとムスメとジルと一緒に また違う日々を過ごしてく。

いーたんの眼差しはどんな風にかわってゆくんだろう。

最初、イヴはイヴだよな~っなんて言ってたパパが ある日こんなことを言った。
もしかしたら、イヴの数パーセントくらいはルイでできてるかもな。

ウン、もうしばらくは そう信じていよう。
いーたんの数パーセントはルイでできている。



では、また
下のシェルティーかダックスボタン
お好きなほうを押して下さいな



このへっぽこブログにランキングポイントがはいりマス
↓がんばれ~のひと押し、いや、ついでにふた押し・・↓



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ありがとね( *´艸`)



スポンサーリンク

関連記事
COMMENTS ▼OPEN&CLOSE▼