RUIZ.

ARTICLE PAGE

in ムスメ

自己血輸血①

-2 COMMENT
みなさま、こんにちは。

お盆休み。
お空の子達の帰省も、渋滞したりするのかな。

昨日、へっぽこが吠えていたから。

ルイたん戻ったかな?
おかえり。

ルイズママです。

今回も人間のムスメの話の続きで
へっぽこ、いーたんがでてきません、すみません。
もしかすると、同じようなお子さんをお持ちの方の
何かお役に立てるかもしれず。
しばらくの間、おゆるしくださいませ。



自己血輸血という言葉、ご存知ですか?
ムスメが手術を受けることがなければ
きっと縁のなかった言葉。

自己血というのは、自分の血のことで。
つまり、自分の血を輸血すること。
他人の血よりも、感染症や拒否反応がなくて安全と言われています。
自己血輸血にも、いくつか方法があるのだけれど
ムスメが行ったのは、貯血法。

手術三週間前から毎週採血し、血液を保存する方法です。

外科の先生から 自己血の話がでた時
ムスメちゃんは きっと暴れるなーと先生。
普通の採血とは違うのか聞くと

針が太い。一回にコップ一杯くらいの量の血を取る。
だから三週間、貧血にならないよう鉄剤をのむ。
幼児はまず、大泣きして暴れるから、押さえつけて
腕から採血できなければ、首から取るよ。
親御さんは見ていられなから、出ていってもらう、と。

コップ一杯?押さえつける?首から!?
そんなつらい思いをさせなきゃいけないの?


最初の採血の一週間前から、一日三回の鉄剤の服用も始まって。
薬剤師さんのアドバイスに従い、アイスやチョコにに混ぜたりしたけれど。
どれも鉄の味をごまかしきれず、ムスメはえづいてオエっとなってしまう。

青緑色の薬を見るたびに、もうやだーと涙をぽろぽろ流しながら
でも、飲まないといけないのだという母の言葉を なぜか聞きいれる。

ちょっとまってね、ちょっとまってね、と胸に手を当て、ふーっと息を吐く。
オエっとなって、吐き出さない様に涙目で 手で口を押えていたムスメ。

そして、採血の日。
ムスメが大勢の大人に押さえつけられて
恐怖を感じながら首から採血されなくてもいいように。

ただ、何度も注射の練習をした。
ハイ、採血しまーす!お顔は反対だよー!見なくていいよー!
100までかぞえてごらん!いーち、にー!

パワーストーンなんて、買ったこともなかったけど。
子供を守ってくれると書いてあったから
ミルキークォーツのペンダントトップを買って。
ママのネックレスチェーンに通した。

これは、子供を守ってくれると
ママのパワーも全部入れたよと
注射が痛かったら、暴れずに反対の手で握るんだよと。
喜ぶムスメにネックレスを渡す。

ごめんね、ママにはこんなことしかできないと思いながら。


子供の自己血は半日入院扱い。その手続きを終え。
小児病棟の小児救急内のベッドで着替えて待った。

だいじょうぶ、だいじょうぶ。

心臓外科の女性医師が、一人、
男性医師二人、そして看護師さんも二人。
採血するには多すぎる大人がやってきて。

お母さんは、病棟の待合でお待ちくださいと言われ
ママどこ行くの?というムスメの手を握って。
だいじょうぶ、ドアの外にいるからね。
針がほかの場所に ささったら危ないからね、動かないでね。

だいじょうぶだからね。

小児救急から小児病棟へ続くドアを出る前に振り返ると
半分涙声で いたいかどうか確認するムスメの声
でも、大人に囲まれてムスメの小さな姿は隠れていて

ムスメが、痛くありませんように。
どうか暴れませんように。


だいじょうぶ、だいじょうぶ。
ムスメはだいじょうぶ。


何もできない母親は、ただ祈って。
大丈夫という言葉を
子供と自分に言い聞かせる。


↓押すと このへっぽこブログにランキングポイントがはいりマス↓
がんばれ~の一押し、いや二押しを・・・

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ありがとね( *´艸`)


スポンサーリンク

ムスメ心房中隔欠損自己血輸血

  • Share

2 Comments

ルイズ  

Re: hana-mamaさん

こんにちは ^^
ありがとうございます。
私が言うのもなんですが…このころのムスメは、本当によく頑張っていました。
だから、hana-mamaさんのお父様のお気持ち、とってもよくわかります。
見ているしかないのも、代わってやれないのも、親としてはつらくて。
一番つらいのは子供なのもわかっているんですけど(;_;)
本当に、無事終わってくれてよかったです ^^)

2017/08/14 (Mon) 12:27 | EDIT | REPLY |   

hana-mama  

ムスメちゃん、頑張ったね。
偉い子だね。

私が子供の頃入院中、点滴していたら
お見舞いに来た父が見ていられなくて
部屋から逃げる様に出て行ったのを思い出しました。
そんな大病でなかったんですけどね。

親御さんも大変でしたね。

本当に本当に手術が無事終わって良かったです。

2017/08/13 (Sun) 08:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment