スポンサーリンク



ルイズ

ルイズ

みなさま、ご無沙汰しています。
少し前からルイズに家族が増えました。

残念ながら。

丸々と愛らしい仔犬ではなく
骨ばっていて。
身体には筋肉のかけらもなく
歯は、ボロボロ。
保護施設で一度は洗ってもらっていたはずだけど
獣臭が染みついていて。

尾は、骨折したような妙なカギしっぽで。
ちょっとした音や
人の手が上に上がるしぐさに異様におびえ
丸くなり、ぶるぶると震えます。

空もない狭い場所で
6年間、ただ仔犬を産まされていたようです。
歯がボロボロなのは
過度の出産によるカルシウム不足だけでなく
仔犬用にふやかしたご飯の残りを
与えられていたから。
頬が膨らむほど歯石が付き
ひどい悪臭を放っていました。


ジルの残したものを引き取っていただこうと
保護施設を見てまわっていた時

犬嫌いだったジルが
ドッグランでテンパっていたのと同じように
落ち着かずにぐるぐる回る
へっぽこなダックスを見ました。

ダックスに近づく勇気のなかったママの胸に
突然、施設の方がぐいとその子を渡し。

茫然としながら久しぶりに抱いた
胴の長い、足の短い、とってもあったかい生き物。
どうしても助けたくて
でも、助けられなかったジルと
同じ命のはずなのに。

用済みと言われた命。


パパと沢山話をして。
後日、我が家に迎えさせてほしいと
伝えました。

JillのJをとって。
ジーンと名付けました。

ジーン。

君のような子と暮らすのは初めてで。
お互いさぐりさぐりの日々になると思うし。

ヘンテコな小さな人間は奇声をあげ走り回るし。
扉という扉を大きな音をたてて閉めるママ。
声の大きいパパ。
ボーっとしてるくせに、突然スイッチが入る
ちょっとおかしなシェルティー。

びくびくする君が来てから気づいたよ。
我が家って本当に騒がしくて、うるさいってこと。
君が慣れるまで、
皆お上品に暮らせる、かもしれない。


二度目のジルの夢を見た日に出会った
へっぽこなダックスはジルが選んだ子だと。
パパとママは
そう信じることにしたんだよ。


私達が君に望むことはただ一つ。
できるだけ、長く一緒にいてください。
ヨボヨボのおばあちゃんになるまで。


IMG_2580.jpg 



・・・あ、もう一つ。
早くトイレ、覚えてほしい・・。



このへっぽこブログにランキングポイントが入りマス
⇓ がんばれ-のひと押し、ついでにふた押し・・ ⇓



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ありがとね( *´艸`)



スポンサーリンク

関連記事
COMMENTS ▼OPEN&CLOSE▼