スポンサーリンク



ルイズ

ルイズ

みなさま、こんにちは。
温かくジーンを迎えてくださって
本当にありがとう。

やっぱり、仔犬から家族になるのとは
随分勝手が違う気がします。
保護犬と暮らしている先輩方には
教えてもらいたいことがいっぱいです。

ただ、
心を通わせて少しずつ家族になっていく
ということ自体は
仔犬でも、保護犬でも同じなんだなぁ・・と
なんとなく、そんな風にも感じています。


正直、ジーンを迎えることは
我が家の誰も、想像もしていなかったことで。
偶然が重なって、家族になりました。

でも、やっぱり家族になることは
必然だったような気もするのです。



今回は、ちょっと不思議、というかアホ話なので・・・。
どうぞ読み飛ばしてくださいませ。


これは、ジーンが来た夜。
思わずスマホでとったのだけど。
DSC_0017.jpg 
ジーンをあまりかまわずにそっとしておこうと
パパとムスメはお風呂へ。

あれ、ウロウロしてないな、と姿を探すと。
ムスメ達の声に聴き耳を立て待つ姿。
それは、まるでジルそのもので。

DSC_0018.jpg 
まあるいハズのジーンの頭が
ジル並みに割れて見えて。

いかん、いかん。
ジルはジル。
ジーンはジーンなんだから。


トイレトレーニングも
できていないと聞いていたから。
無理と思いつつもトイレに連れていき
ここがトイレだよ。
ちーちーちーと
掛け声をかけてみる。

すると、唖然とするママの前で
当たり前のように
ジルのしていた場所でかがみ
おしっこをする。

ドライは食べないと聞いていたけど
普通にドライフードをもりもり食べて。

眠くなったら寝室へ行き。
すっと、いーたんの横の
ジルの寝ていた場所で眠る。

夜中に起きる音がしたので
そっと後をつけると
ずっと昔からそうしていたように
キッチンへテクテク歩き、水を飲み
洗面のトイレできちんとおしっこし。

ママと目が合うと
「なにアホづらしてるです」
というような表情で見て。
ベッドでくるりと丸くなったジーン。

いや、本当は。

確かに最初はウロウロしていたけど。
なんだか、あまりに手がかからなくて。

なんか、・・ジルがいるみたい。

うん。

トイレトレーニングとか・・
大変だと思っていたけど。
こんなもんなのかな?

なんて、話した夜。


そして、朝
不思議なことに

ジーンの顔は少し違って見えて。
びくびく落ち着かずに歩き回るようになって。
トイレの場所も忘れてしまい。
ドライフードは食べなくなり。
夜眠らずうろつき、鳴くようになって。

まるで別犬になりました。

ママもパパも頭に?マークがいっぱいだったけれど。

アホな夫婦は
きっと、ジルが憑依して連れてきたんだ。
ということで納得しました。


あとね、たぶん。

ママはね

最後に大好きな、大好きなパパに会えなかったジルが
きっと一度だけ甘えたくて。

IMG_2564.jpg

ジーンの身体を借りて
戻ってきたのだと思っているのです。

ジルの絵ばかり描いているムスメを。
寝てばかりいるようになった
いーたんを心配して。

ジーンを連れてきてくれたのだと思っているのです。



・・ね、アホでしょ?

New Image 


では、また

このへっぽこブログにランキングポイントが入りマス
⇓ がんばれ-のひと押し、ついでにふた押し・・ ⇓



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ありがとね( *´艸`)



スポンサーリンク

関連記事
COMMENTS ▼OPEN&CLOSE▼